雲と地を往くトルネード

「クリエイター」について、どう思っているだろうか。「経営者」って、普段ではどんな感じで認識されているのだろうか。べつに考察する気分になったわけじゃないよ。
マカロン
ナポレオン
HOME

蒸し暑い金曜の夜明けに想い出に浸る

私の仕事の関係で、日光へ向かうことが非常に多かった。
北関東に位置する日光は栃木県にあり、海なし県で、高い峰に囲まれている。
もちろん、寒い時期には雪が積もり、除雪車やチェーンが必要だ。
秋が来ると、東北自動車道で2泊3日で行って、無事に帰り、また2泊3日という生活スタイルが多く、テレビなどのメディアで日光の様子が紹介されると懐かしく思ってしまう程。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は見た方が良い市だ。
少しだけ紹介させてもらうと、旅行のメインはやはり東照宮。
歴史上欠かせない人物徳川家康の眠る場所で、中の厳かな様子に驚くと思う。
あと、奥日光に位置する日光の湯元温泉
硫黄泉とのことで、白く、熱い温泉。
この温泉を浴びると冷え症が完治すると思う。
日光東照宮が建てられたときには、奥日光湯元温泉を目標にたくさんの湯治客が集まったと言う。
景色が想像可能な古い歴史を持つ日光市。
温泉の紹介も兼ねて、ガイド本にたくさん載っている日光へ、行きたいと思っている。

気持ち良さそうに踊るあの子とファミレス
御盆でも故郷から外れて住んでいるとあまり認識することがないが、不十分ながら、お供え物くらいはと考え家元へ届けた。
生家に居たら、線香を握りしめて父祖の迎えにおもむいて、御盆の終わりに送り届けにおもむくのだが、別れて暮らしているので、そういうふうに行動することもない。
周りの人達は、香を持ち墓に行っている。
そういう状況が視認できる。
常日頃より墓前のあたりの道路には複数の車が路駐されていて、人も大変たくさん目にとびこむ。

夢中でお喋りする君と擦り切れたミサンガ

正社員で働いていた時の先輩は、社長の娘で、まさにお金持ちだった。
小さな体で可愛くてテンションが高い、動物愛護の先輩。
動物愛護グループなど立ち上げて、それなりにキャンペーンをしている様子。
毛皮着ない、ヴィーガン、動物実験取りやめ賛成。
知り合ってすぐに、部屋に訪れたことがあった。
高級住宅地にある高層マンションで、皇居が見えていた。
その先輩、毛並みが上品な猫ちゃんと仲良しだった。

目を閉じてダンスする妹と冷たい肉まん
嫌われ松子の一生という題名の番組が放送されていましたが、見ていた方もいらっしゃったと思います。
わたしは、テレビは見なかったけれど、中谷美紀さん主役でシネマが公開されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが複雑な立場にて生きながらも、心まで貧しくなりません。
松子以外から見れば、幸せでないかもしれないけれど夢があります。
幸せをつかむことに関して、貪欲なんです。
すごく、魅力を感じました。
自分も幸せになる権利はあるのに、そうなってしまうと罪悪感がある。
などという、よくわからない状態だった子どもだった私は、松子を見ていると、幸せな気分になりました。
とても、面白い映画なので、お勧めしたいです。
そして、中谷さんは、先生役でも、中洲のソープ嬢でも、理容師でも、やっぱり綺麗でした。

ノリノリで吠える姉妹と冷たい雨

最近、腹のぶよぶよとした脂肪を増やさない様にと思い腹筋を頑張っている。
自分の子供を私の体の上にのせて数を声を出し数えながら腹筋を行っていたら、娘とのコミュニケーションにもなるし、子供も数字を学ぶし、自らの見苦しい脂肪も減るし、一粒で二度おいしいことだとばかり思っていたら、何日かは、喜んでいた小さな娘も飽きてしまった。

余裕で話す友達と横殴りの雪
オフィスで働いていたころ、会社を退職するきっかけがこなかった。
絶対辞職したかった訳ではないから。
仕事をする意思がないのかもしれない。
面倒くさくなって、その日は、真剣に今月で辞職すると口にした。
そんな日に何でか、入社当時からすごく仕事が細かいと思っていたKさんが、気さくに話しかけてきてくれた。
会話の途中で、この事情を知るはずもないKさんが「この会社、難しいよね。君はあと少しやれると思うよ。」と言ってきた。
ありがたくて悲しくなった。
このことから、会社の帰りに、上司に辞職を受理しないようにしてもらった。

のめり込んで大声を出すあいつと飛行機雲

そんなに、ドラマは見ないが、近頃、それでも、生きていくを視聴している。
犯人側の親兄弟と殺された側の家族が会うことになってという話で、普通はあるはずがない内容だと思う。
殺された小さな子の親兄弟と殺人犯側の親兄弟のどちらの家族も不幸な様子が出されている。
ストーリーの内容はとっても暗いと思うけれど、その分、色づかいはきれいなようにされている。
花や緑や自然の映像がすごく多く使われていて、牧歌的というのかきれいな映像がものすごく多用されている。
これから、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

雨が上がった日曜の朝は食事を
あまり肉類があまり好きではない食べるものはどうしたって魚介類中心になってくる。
なので、真夏の、土用丑の日の鰻は、大したイベントごとだ。
関東で鰻を開くときには、背開きという習慣が現在も続いている。
どういう事か説明すれば、昔から武士社会だったので、腹開きにすれば切腹に通じてしまいよろしくないため。
反対に、大阪あたりで開くうなぎには、腹開きである場合が一般的。
説明すると、大阪の方は商売の所なので腹を割って話しましょうという事につなげているから。
他にも、自腹を切るという言い方にも通じるので、場合によってはタブーの時も。
説明すると、大阪の方は商売の所なので腹を割って話しましょうという事につなげているから。
他にも、自腹を切るという言い方にも通じるので、場合によってはタブーの時も。
上記のお話は、バス会社で働いていた時に、よく、観光客に言っていた話です。
東京駅から乗り込みして、静岡の浜名湖や沼津や三島へウナギを食べるために行くという目的。

泣きながら跳ねる彼と壊れた自動販売機

今使用している部屋は、冷房も暖房も設置されていない。
よって、扇風機とよく冷えた飲み物を飲みながら勉強をする。
先日、扇風機をどかそうと思い、スイッチを付けたまま持ってしまった。
すると、扇風機の歯車が動かなくなったので「おかしいな・・・」と、考え直し,手元を見た。
何故か気付かなかったが、邪魔をしているのはまさしく自分の指だった。
怖くなって手を放すと、また歯は元気に回転しだして、指からは出血した。
痛さも感じなかったが、注意しようと心に留めた。

じめじめした木曜の午前に読書を
8月に、京都や奈良に仕事に向かった。
この辺りはかなりあつい!
綿の上着の上に、スーツの上。
汗まみれになりすぎて、上着の背広はめちゃくちゃに。
宿泊先にへ入って、ジャケットをLUSHの石鹸で洗った。
翌日ジャケットはストロベリーの香りが続いた。
スーツがボロくなあるのではないかと心配したけれど、何が何でも洗った方が良いと思っていた。

道

Copyright (C) 2015 雲と地を往くトルネード All Rights Reserved.